農業を始める

農業を始めるにあたっての心構え

「田舎暮らしにあこがれるから」
「都会が嫌いだから」
「サラリーマンより楽しそう!」
「他に就職先がみつからない・・・」
といった理由ならば、考えなおした方がよいでしょう。家族や、周囲の方々に迷惑がかかります。

 

就農へのプロセス

 

〇相談する・情報を集める

就農相談会等に参加

東京や大阪等で行われる相談会や「新・農業人フェア」等の就農相談会に参加して、情報を集めましょう。

相談会についてはこちらを参照ください

新・農業人フェアについてはこちらを参照ください

 

就農相談

関係窓口に相談して、より具体的な情報を集め、収納方法や支援内容等について相談をお受けします。

 

〇体験・見学する

バスツアーやインターンシップに参加する。詳しくは「農業を体験する」のページを参照ください。

 

〇研修を開始する

園芸カレッジに入校

福井県が設置した農業教育機関の「ふくい園芸カレッジ」に入校し、栽培技術や経営技術を身につけます。

ふくい園芸カレッジについてはこちらを参照ください

 

里親研修を開始する

園芸カレッジの研修の一環として里親の下で研修を行います。栽培技術の習得や地域との融合を図り、円滑な就農に備えます。

※園芸カレッジと里親研修は原則、各1年間(合計2年間)の研修期間となります。

 

〇就農・就業する

就農にあたっては、農業機械、施設整備や借り受ける農地の紹介のほか、居住する地域についても関係機関が全面的に支援します。

就業希望の場合は、地元の農業法人等を紹介し、バックアップします。